不動産売却の仲介手数料の勘定科目

不動産売却をするにあたっては、不動産会社と媒介契約を締結して、広告宣伝から顧客対応までのいっさいを任せることになるのが通例といえます。こうしてめでたく買主が見つかって、家売ることが成功したあかつきには、所定の仲介手数料を不動産会社に対して支払うことになります。まったくの個人であれば別に問題ではありませんが、個人事業主や法人の場合には、税務の関係で適当な勘定科目への仕訳を考えなければなりません。この仲介手数料の金額については、法令によって売却金額の数パーセントという割合が上限金額として決まっていますが、いずれにしても不動産そのものの金額というのが高額であるだけに、仲介手数料のほうも無視できない金額であることはたしかといえます。
不動産売却にかかわる仲介手数料は、基本的には経費として認められる性格のものですので、勘定科目としては支払手数料勘定での処理でよいものとみられます。これは土地の場合、建物の場合のいずれについても同様です。そのほかにも、法人の場合にありがちな、事務所などの建物の賃借の際に不動産会社を通じて契約をしたため、仲介手数料を支払ったという場合についても、同様の支払手数料勘定で費用処理ができるでしょう。反対に、不動産売却ではなく、不動産の取得であれば、土地の場合、建物の場合を問わず、その取得価額に加算をするのが適当であるといえますので、このあたりは経理上不適切なものとならないように注意する必要があります。

 

プロミスのコールセンター、電話番号の調べ方

最近のインターネット上の情報は非常に豊富になってきており、いつでもどこでもネット回線が接続することができる状況であれば無料で検索することが可能になっているのですが、その際にもきっちりとした情報をキャッチすることが大切になってきます。あくまで、ネット情報は記載されていることのみの情報となってくるため、その他の知りたい内容に関しては自分で調べないといけないのですが、なかなか判断しづらいことも多くなってきますので、その場合は電話をするなどして適切で正確な情報をきっちりと入手し、理解しておく必要があります。

ここでプロミスで詳しい情報を知るためにはコールセンターを利用することが効率的になってきます。特に、プロミスでコールセンターにアクセスした場合にはすぐに対応してくれますので、店舗の営業時間やお金の借り方の流れや現在のユーザーの年収や職業の社会的なステータスからお金を借りる際の金利の把握まできっちりと説明してくれます。プロミスのコールセンターの電話番号の調べ方ですが、プロミスの店舗の広告に電話番号が記載されていますので、店舗まで足を運んで調べるか、もしくはインターネット上にプロミスのホームページに電話番号が記載されていますので、そちらで調べるかなど様々な方法がありますので、自分に合った方法で調べることができます。さらには、24時間対応している場合もありますので、対応時間もきっちりと調べておくことが大切になります。
http://www.pms-kinri.info/

 

今すぐ借入したくてカードローンを利用したときの体験談

先日、大切な税金納付を完全に忘れていることに気がつきまして、仕事帰りに自宅に帰宅した時にポストに督促状が届いているのを見て慌てて金策の必要性を感じました。それが財布の中のお札で支払える範囲の額ならばよかったのですが、そこに記載されていたのが数十万という金額だったものですから、これは今すぐ借入手続きなどを行った上でなんとかしなければいけないなと、すぐに動き出しました。

その時間帯はすでに夜の22時過ぎでしたので、今から消費者金融の店舗窓口や契約ルームに駆けつけても手続きはできません。どうしたものかと悩んでいた私が見つけたのが、ネットの公式サイトから手軽に借入申し込みする方法です。これなら夜中でも時間に関係なく申請できるようで、私は申請フォームに氏名、生年月日、職業、勤務先、年収、希望借入額などを書き入れた上で、身分証や年収証明書に関してはスマートフォンのアプリを使って撮影するとその画像データをすぐに送信することができました。

私が心配していたのは申請後の審査時間だったのですが、意外と長時間かかるのではないかという予測を覆し、ネット申請では夜中にもかかわらずすぐに手続きを終えることができました。というのも、私がその消費者金融のグループ銀行の預金口座を保有していたからで、それが担保や信用となって今すぐ借入することができたのです。

結局のところこうして預金口座に振り込んでもらった10万借りることができ、翌朝すぐに手続きを行い、督促されていた分の支払いは完全に清算することができました。ピンチの時にすぐに対応してくれた消費者金融に感謝しています。

 

無利息の即日キャッシングとは?

即日で無利息のキャッシングを利用する際には銀行系の消費者金融でお金を借りることが大切になります。消費者金融には銀行系の消費者金融と信販系の消費者金融の二つが存在するのですが、即日で無利息のサービスを利用する際には資金力が豊富な銀行系の消費者金融を利用しないといけません。
そもそも、利息というのは消費者金融にとっての収益と解釈できる付加価値であるため、この収益が小さくなるようなサービスを提供することは消費者金融にとっても大きな損失に繋がります。逆に、相手の収益が小さくなるということはお金を借りる消費者にとっては有利な状況になるわけですから消費者の負担は小さくなることを意味しているのです。
即日キャッシングで利用される利息制限法の法律的な範囲というのは借入の金額によって明確に決められている傾向にありますので、どの程度の借入をするのかによって利息の上限を簡単に把握することが出来るようになっています。仮に、5万円程度の融資を受けるのならば上限としては20%と決まっていますし、これが20万円程度のお金になるのならば18%になります。このように、貸金業者からの融資の金額が大きくなると、それに反比例して利息の上限がどんどん制限される仕組みになっているので、消費者にとっては有利な契約となっているのです。
無利息で融資を提供できるのも、利息制限法によって利息の下限に制限が存在しないからですのでこうした法律的なルールもきちんと理解しておくことが大切でしょう。

 

ネットキャッシングの利用方法

ネットキャッシングとは、インターネットを利用してお金を借りることです。銀行だけでなく、消費者金融や信販会社のような貸金業の金融機関からでも行われています。
ネットキャッシングの手続きをするには、まず、申し込みをすることです。従来のように郵送や電話だけでなく、インターネットの専用フォームから申し込め、書類の提出も写真に撮って送信できる場合は、即日融資も可能となることがあります。消費者金融等のネットキャッシングの場合は、振込先の預金口座の登録が必要となります。提携先の銀行口座のみ登録可能となっている金融機関もありますので、事前に確認したほうがいいでしょう。銀行の場合は、自行であることが多いのですが、他の銀行口座でも構わないとする所もあります。
申し込み手続きで一緒に口座を登録しておくと、ローンカードの到着までに時間がかかる場合や、カードレスで発行されない場合にも、すぐに振込キャッシングに対応できるので便利です。もちろん、後からでも可能です。ネットキャッシングするには、利用者の専用メニューにログインしてから、振込キャッシング依頼をすると速やかに入金されます。
ただし、インターネット専業銀行や提携先の口座がネットバンキングに対応している場合は、営業時間外でも即時で振り込みが可能となりますが、店舗型や提携していない預金口座の場合は、入金までに時間がかかります。夜間の場合は翌営業日以降となることもありますので、急ぎの場合に対応できないことも考慮に入れておきましょう。
関連サイト